マルセ太郎

読書

マルセ太郎

まるせたろう

俳優、パントマイム芸人。

1933年生まれ。大阪府大阪市出身。


新劇俳優を志し、1954年上京。

1956年日劇ミュージックホールからデビュー。

マルセル・マルソーの舞台をみてパントマイムに興味をもち、彼の名前にちなんでマルセ太郎と命名。その後コント活動を経て、動物の形態模写を中心に、浅草の演芸場に出演。

特にサルの形態模写はその迫真力で他を圧倒。評論家の矢野誠一をして「内面的な描写からサルにせまり、本物のサルよりもはるかにサルらしく哀しげだ」といわしめる芸であった。

1984年より、映画再現芸というまったく新しいジャンルを開拓。一本の映画の最初から最後まで徹底的に語り尽くす一人芸であり、レパートリーは十数本。

1991年講談社より「芸人魂」を出版。

1993年より「黄昏に踊る」と題して老人に視点を置いた喜劇を書き下ろし、自ら演出・出演し話題となる。

2001年1月22日、逝去。