スマートフォン用の表示で見る

マルチナ・ナブラチロワ

スポーツ

マルチナ・ナブラチロワ

まるちななぶらちろわ

Martina Navrátilová

プロテニス選手。

1956年10月18日生まれ、チェコプラハ出身。

生まれた時はシューベルトワ姓だったが、3歳の時に実の両親が離婚、その後母親が再婚しナブラチロワになった。

1975年米国亡命

1978年のウィンブルドン選手権で4大大会初優勝。

1981年7月に米国市民権取得。同年に全豪オープン初優勝*1

1982年全仏オープンウィンブルドンを制覇し4大大会3連勝。

1983年のウィンブルドンから1984年全米オープンまで、2年間にまたがる4大大会6連勝達成。しかし年末の全豪オープン準決勝でヘレナ・スコバ?に敗れ、年間グランドスラムを逃す。*2

1987年ウィンブルドン6連覇を達成。

1990年ウィンブルドン決勝戦でジーナ・ガリソン?に勝利し、ヘレン・ウィルス・ムーディ?の記録を更新するウィンブルドン9勝を果たす。

1994年11月のWTAツアー最終戦において、女子テニス選手として初めての引退式典が開催され、世界ランキング4位で現役引退。

2000年、ダブルスで現役復帰。

2004年にはシングルスにも復帰。

2006年、2度目の現役引退を表明。

WTAツアー167勝はのシングルス最多優勝記録。

4大大会シングルス通算18勝はクリス・エバート並ぶ女子歴代4位タイ記録


マルチナ・ヒンギスが「ナブラチロワにあやかって」命名されたことは有名。


* リスト::テニスプレイヤー

*1全豪オープン1985年まで12月の年末に開催されていた。現在のようなになったのは1987年大会から1月開催

*2:4年後の1988年にシュテフィ・グラフが年間グランドスラムを達成したため、ナブラチロワの2年間にまたがる記録はグランドスラム認定から取り消された。