マルティン・パレルモ

スポーツ

マルティン・パレルモ

まるてぃんぱれるも

Martin Palermo

1973年11月7日生まれ。アルゼンチンのラ・プラタ出身。188cm 83kg。

クラブ歴

1992〜1997 エストゥディアンテスアルゼンチンリーグ

1998〜2001 ボカ・ジュニオールズアルゼンチンリーグ

2002〜2003 ビジャレアルリーガ・エスパニョーラ

2003 ベティスリーガ・エスパニョーラ

2004 アラベススペイン

2004〜 ボカ・ジュニオールズ

動きは俊敏ではないが、ゴール前では抜群の嗅覚で得点を挙げるストライカー。身長からするとヘディングが得意だが、意外と足技も細かい。

1992年エストゥディアンテスでプロデビュー。1997年ボカ・ジュニオールズに移籍すると98-99シーズン、チームを前期と後期リーグ連覇に導き、1999年の南米最優秀選手にも選ばれた。

その活躍を認められ、代表にも選出されたが、同年2月南米選手権コロンビア戦で3本のPKを失敗し、11月には右足の靭帯を負傷し長期戦線離脱の憂き目に合う。しかしながら2000年、リベルタドーレス杯準々決勝にて復活、チームの優勝に貢献する。この年に行われたトヨタカップではレアル・マドリーに対し前半6分で2得点と大活躍、チームの勝利とともに自身もMVPに選ばれている。

2001年、スペインビジャレアルに移籍、在籍中に18得点を記録し、チームもUEFAインタートト・カップで決勝に進出しているが、期待ほどの活躍とは言えず、2003-2004シーズンよりベティスに移籍した。そこでも今一つでアラベスにレンタルで出されたが、最終的にまた2004-2005シーズンよりボカに復帰。人気スターの復帰はファンには暖かく迎えられそうだ。

奇抜なヘアースタイルをしたり、奇行としか思えないゴールを決めた後のパフォーマンスから「ロコ(クレイジー)」というニックネームをちょうだいしている。