マンガ地獄変

マンガ

マンガ地獄変

まんがじごくへん

水声社より96年〜97年にかけて3冊、刊行された、「昭和の漫画リスペクト」ムック

後期・梶原一騎、B級ホラー作家たち、ジョージ秋山をはじめとするトラウマ漫画など、従来の漫画評論で無視されてきた作家・作品の再評価を行った。

主なライターは、植地毅宇田川岳夫吉田豪大西祥平、大久保太郎?

編集者は、現在はモーオタとしても有名な相良ビバ彦


マンガ地獄変

マンガ地獄変

タイマン!男魂マンガ高校 (マンガ地獄変)

タイマン!男魂マンガ高校 (マンガ地獄変)

トラウマ・ヒーロー総進撃! (マンガ地獄変)

トラウマ・ヒーロー総進撃! (マンガ地獄変)