アンドレ・ピエール・ド・マンディアルグ からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

読書

マンディアルグ

まんでいあるぐ

Andr醇P Pieyre de Mandiargues 1909-1991

フランス幻想小説の大家。考古学を学び、シュルレアリスムに傾倒。主な作品に『余白の街』、『オートバイ*1、『黒い美術館』、『大理石』、『狼の太陽』、『城の中のイギリス人』など。

 『城の中のイギリス人』は当初ピエール・モリオンなる匿名で秘密出版されていた。

 『余白の街』はシルヴィア・クリステル主演で『夜明けのマルジュ』として映画化されている。

*1:"La Motocyclette (1963)"