スマートフォン用の表示で見る

マンモグラフィー

サイエンス

マンモグラフィー

まんもぐらふぃー

乳房撮影専用X線診断装置(マンモグラフィー)のこと。

乳房を上下、左右にはさみ、エックス線を照射する装置である。エックス線が通りやすい脂肪部分は黒く写る。腫瘍(しゅよう)があると遮られるため白く写る。それは、がんによって生じるカルシウムがたまった「石灰化」を鮮明にとらえ、乳管内にとどまるがん(非浸潤がん)の発見にもつながる。

しかし、マンモグラフィー検査のみではがん発見はできない。エコー検査(超音波検査)や触診を併用することが望まれる。