ミーア・キャンベル

アニメ

ミーア・キャンベル

みーあきゃんべる

アニメ機動戦士ガンダムSEED DESTINY」の登場人物。

第2次ヤキン・ドゥーエ攻防戦の後に、表舞台から姿を消していたラクス・クラインの替え玉として、ギルバート・デュランダルに見い出され開戦直後に国民の前に姿を表す。

本物のラクス・クラインに勝るとも劣らない魅力でプラントの市民の心を掴む。

36話でギルバート・デュランダルの行動に疑念を持ったアスラン・ザラに偽りのラクスを演じることはやめて、一緒にザフトを脱走するよう説得されるが、彼女は過去の自分に戻るのを拒み、ラクス・クラインを演じ続ける事を選ぶ。

本物のラクス・クラインが表舞台に現れて以降、ミーア・キャンベルは月の自由都市コペルニクスへ身を隠す。

ロード・ジブリールが討たれた後、アークエンジェルコペルニクスに入港したとの報が入ると、ラクス・クラインを誘い出す役目を担わされる。

ラクスの囮役であったはずが、ラクス・クラインの言葉に揺れ動き、暗殺者からの銃撃をかばって息絶える。

ラクス・クラインを演じる以前から、アスラン・ザララクス・クラインの大ファンであったらしい。

 

CV田中理恵