ミウラタダヒロ

マンガ

ミウラタダヒロ

みうらただひろ

日本の漫画家。代表作に『恋染紅葉』。

経歴

少年ジャンプNEXT! 2011SPRING」にて読み切り作品『ふぁみドル!』の作画担当としてデビュー。「週刊少年ジャンプ 2012年9号」にて読み切り作品『恋染紅葉』の作画担当を務めた(ともに原作は坂本次郎)。

読み切りの好評を受けて、2012年に週刊少年ジャンプで『恋染紅葉』を連載。

人物

読み切り発表時「新人」として紹介されたが、画力が極めて高いこと、また『ふぁみドル!』掲載時に作者紹介ページで「漫画歴:20年くらい…?」と書かれていたことから、すでに他の名義で活動していたベテラン漫画家の変名なのではないかという憶測がささやかれた。漫画家の「えすとえむ」はTwitterにてミウラタダヒロのことを「同級生」と呼んでいる。

京都精華大学マンガ学部マンガ学科の卒業生であることが、同大学のサイトから分かっている。