ミケーレ・アルボレート

スポーツ

ミケーレ・アルボレート

みけーれあるぼれーと

Michele Alboreto

1956年12月23日〜2001年4月26日

F1ドライバー1980年ヨーロッパF3チャンピオン

通算出走回数194戦、優勝5回、PP2回、FL5回。

1956年イタリア生まれ。

1981年、ティレルF1デビュー。

1982年、最終戦アメリカGPで、F1初優勝。

1983年、アメリカGPで、F1通算2勝目*1

1984年フェラーリ移籍。

1985年、自己最高のランキング2位。

1989年、ティレル復帰。

1990年、フットワーク移籍。

1993年、ローラ移籍。

1994年、ミナルディ移籍。

同年、F1引退。

1997年ル・マン24時間耐久レースで優勝。

2001年、ドイツ、ラウジッツリンクにてル・マン24時間耐久レースのために行っていたテスト走行中の事故で事故死。

エピソード

  • ヘルメット

ロニー・ピーターソンと同じカラーリング*2であった。

マニュアルミッションを使用していた当時、そのシフトチェンジのテクニックを非常に高く評価されていた。

*1:フォード・コスワース・DFVエンジンの最後の勝利

*2:青地に黄色の一本輪