ミッシェル・カミロ

音楽

ミッシェル・カミロ

みっしぇるかみろ

(Michel Camilo?, 1954年4月4日 - )

ドミニカ共和国サントドミンゴ出身のジャズピアニスト作曲家ラテンジャズを基調としたミュージシャンで、その卓越した技術(超絶技巧)は大きく評価され、ヴィルトゥオーソ(巨匠)と呼ぶに相応しい演奏をしている。

バイオグラフィ

音楽一家の元に育ち、親からもらったアコーディオンを弾き始める。祖父の影響でピアノも習い始め、エリラ・メナ国立初等音楽院国立音楽院初等科)とドミニカ共和国国立音楽院に13年間通う。1979年ニューヨークに移り、ジュリアード音楽院で学ぶ。1983年にティト・プエンテと共演。

1985年カーネギー・ホールにトリオで出演し、スターダムに伸し上る。ファースト・アルバムWhy Not?を日本のキング・レコードより発表。1988年にソニーに移り、セルフ・タイトルをリリース、ベストセラーを記録する。

2000年にはフラメンコギタリストトマティートとの共作Spainを発表、このアルバムはグラミー賞ラテン部門を勝ち取っている。アルバムタイトル"Spainスペイン)"はチック・コリアのカバーで、ラテンナンバーのスタンダード"Bésame Mucho"もカバーしている。2006年にこの後続アルバムに当たるSpain Againも発表。このアルバムではタンゴ界の巨匠、ピアソラの"Libertango"等3曲をトリビュートしている。2002年以降はテラークに長らく在籍。2009年にはビッグ・バンドとの共演アルバムCaribeを発表している。