スマートフォン用の表示で見る

ミッシェル・ポルナレフ

音楽

ミッシェル・ポルナレフ

みっしぇるぽるなれふ

●生い立ち

1944年7月3日、第二次大戦中、両親の疎開先だった南仏のロットという街で生まれる。父親はレオ・ポルという変名で、エディット・ピアフイヴ・モンタンにも曲を書いていたロシア出身の音楽家だった。ミッシェルは幼少期からピアノソルフェージュアカデミックな音楽教育を受け、コンセルバトワール(パリ音楽院)に通 うがクラスでも1番の成績を修めていた。しかし、その後エルヴィス・プレスリーを知りクラシック音楽への情熱を次第に失っていく。そして20才で7ヶ月の兵役を勤めたのち保険会社にいったん就職する。クラシック音楽の道への復帰を強要する両親との仲が悪化し、ついにギターを手に家出を決行。ヨーロッパへの放浪のすえパリに戻り、有名な音楽出版業者ロルク・マルボに出会いレコード・デビューにいたる。

●ついにデビュー

1966年5月、レコード会社Disc AZから4曲入りEP「ノンノン人形」でデビュー。いきなり数週間で15万枚を超える大ヒットとなる。6月には2枚目となるEP「愛の願い」をリリースするがこれまた大ヒットを記録。すぐさまヨーロッパ各国や日本(10月にテイチクよりシングル「ノンノン人形」が発売)でもリリースが決定し、11月には本国でファースト・アルバムを発表するに至り、一躍スターダムにのぼりつめる。1967年から1971年にかけても、シングル数枚と2枚のオリジナル・アルバムをリリースし、「渚の思い出」「想い出のシンフォニー」など大ヒットを連発した。

●日本で「シェリーに口づけ」が大ヒット

1971年8月21日にCBSソニーよりシングル盤「シェリーに口づけ(c/w 初めての愛)」と、ファースト・アルバムに「シェリーに口づけ」を追加収録したアルバム「愛と青春のトルバドゥール/ ミッシェル・ポルナレフ1」が発売される。日本各局のラジオチャートでトップに入り、40万枚を売り上げる大ヒット・シングルとなった。それまで、テイチク日本コロムビアからもシングル、アルバムともに日本発売されていたが、'実質的な日本デビュー'はこのとき果 たされる。勢いをかって10月にはシングル「愛の願い」、アルバム「フレンチ・ポップスのスーパースター/ ミッシェル・ポルナレフ2」(フランス盤のセカンド・アルバムと同内容)をリリースされ大ヒットした。

1972年になり、フランスでは、発売されたシングル「愛の休日」が大ヒット。日本では、サード・アルバム「ポルナレフの世界/ ポルナレフ3」と日本編集盤「ポルナレフ・ナウ」(1〜3に収録されていなかったヒット曲をまとめた内容)が発売になる。この年の10月オランピア劇場でのコンサート「ポルナレボリューション(ポルナレフ革命)」が開催されたが、公演に先立って、ポルナレフ自身の裸のお尻を露出したポスターが貼り出され、大きなセンセーションを巻き起こした。

●初来日

1972年11月ついに来日を果たし、17,18日両日に日本武道館で開催された「第3回世界歌謡祭」にゲスト出演。19日に郵便貯金ホール、20日に新宿厚生年金ホールにて初の来日コンサートを実施。大掛かりな照明装置を駆使し、聴覚だけでなく視覚をも十分に刺激するその派手なステージの演出に、会場は興奮のるつぼと化した。以後、1979年まで計4回の来日コンサート・ツアーが行われることに。

●ロスへの移住

1973年4月に再びオランピア劇場でのコンサート「ポルナレーヴ(ポルナレフの夢)」を開催。3週間にわたる最終ステージで、フランスとの訣別 宣言をする。その後、ニューアルバムの完成を経て、本格的なアメリカ・デビューを目指してロサンジェルスへ移住。その間、2度目の来日公演を成功させ、日本では11月にアルバム「ポルナレフ革命」(本国フランスでは翌年「POLNAREVE」としてリリース)が発売になった。

●その後〜近況

ロスに移住してからは、いくつかの映画音楽を手掛けたりしたが、アメリカでの成功を手にすることはなかった。80年代に入ってからはふっつり音沙汰がなくなり、いくつか発表されたアルバムも大きな話題になることはなかった。

1995年にライブアルバムのレコーディングのために、ハリウッドのナイトクラブ「ROXY」でコンサートを行い、1996年5月には、そのライブアルバム発売前に2時間を超える特集番組「ミッシェル・ポルナレフを探して」が放映された。

1999年3月ポルナレフ革命が日本盤として初のCD化。5月には、パルプ、セント・エティエンヌ、リリキューブ、日本からもピチカート・ファイウが参加したトリビュート盤がリリース(日本盤は12月に東芝EMIより発売)6月、本人のニューシングル「JE REVE D'UN MONDE/When I'm in Love(僕は世界を夢見る)」が発表され、 フランスのテレビに衛星回線で出演、秋には新曲を含む ニューアルバムの発表と言われていたが、結局は発売されず、新曲も9月に廃盤となった。10月に日本でMichel Polnareff/A bout portantが日本コロンビアから発売された。これは本国フランスを含めて、初めて発売された映像物である

2000年4月に初の日本盤ベストCDが発売、2000年〜2001年には既存アルバムの日本盤CDが次々リリースされた

2004年TBSドラマ”新しい風”イメージソングに採用気譟5月に日本盤2枚目のベストCDが発売。この年、自叙伝Polnareff par Polnareff、写真集、Polnareff MANIAと3冊の本が発表され、PARIS MATCHの表紙になるなど、メディアへの露出が多かった(自叙伝は2006年1月に文庫化されている)

2005年春、レコーディングの為、N.Yにスタジオ付きの家を買って引っ越す

ポルナレフ復活

2006年5月12日RTLラジオのインタビューで2007年3月のパリでのライブを告知、同日TF1に衛星生出演。この様子は、RTL、TF1のサイトにアップされた

コンサートは2007年3/2、3、4、9、10、11の6日間、パリのPalais Omnisports de Paris-Bercy 通称P.O.P.Bで行なわれ、ニューアルバムは9月に発表、ライブの様子はライブアルバムとDVDで発売されると告知された。発表翌日の5月13日よりチケットが売り出され、3日間で4万枚が売れたとされ、15日に3/6、7が追加。20日に3/13、14が再追加された

今、パリの街角にはMichel Polnareffのポスターが貼り出されている