ミニマックス

フォン・ノイマンによって考案されたゲーム理論の概念。

二人でゲームをして、一方が得をすればもう一方は同じだけ損する(ゼロサム)ゲームの場合、相手の様々な戦略を考えた場合の最大の損害を最小にする戦略をとれば、絶対に損はしない。これをミニマックス戦略?と呼ぶ。

ジャンケンの場合、出し方に偏りがあると(例えばグーが多い)、最悪の場合は常にパーを出されると偏りに比例して損をする。この損を最小にするには1/3づつの確率で出すのが最善となる。これなら相手がどのような出し方をしても勝率が1/2以下にはならない。