ミハイロ・ペトロビッチ からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

スポーツ

ミハイロ・ペトロヴィッチ

みはいろぺとろう゛ぃっち

Mihailo Petrović

セルビア出身でオーストリア国籍の元サッカー選手、サッカー指導者。

1957年10月18日生まれ。

現役時代のポジションはミッドフィルダーディフェンダー1980年にはユーゴスラビア代表としてFIFAワールドカップ予選に出場。

1993年に現役引退。1994年、SVペラウで指導者としてのキャリアをスタート。1996年、SKシュトゥルム・グラーツにてイビチャ・オシム監督の元でアシスタントコーチ兼アマチュアチーム監督を務めた。その後はオーストリアスロベニアのクラブの監督を歴任

2006年、サンフレッチェ広島の監督として来日。3-6-1のフォーメーションで、ディフェンスラインからパスを繋ぐ攻撃的なサッカーを志向して成果を挙げた。2007年にJ2降格を経験したが、2008年はJ2で優勝してわずか1年でJ1に復帰。2009年シーズンはリーグ戦4位に入り、2010年にはJリーグカップで準優勝したものの、3大タイトルの獲得はならなかった。若手選手の育成に定評があり、槙野智章柏木陽介森脇良太青山敏弘らは日本代表に選出されるまでに成長した。

2011年限りで広島の監督を退任。2012年より浦和レッズの監督に就任した。

指導歴

1994-1996
SVペラウ
1996-1998
SKシュトゥルム・グラーツ・アマチュア
1998-1999
NKプリモアージェ
1999-2000
NKドモザーレ
2000-2001
NKプリモアージェ
2001-2002
オリンピアリュブリャナ
2003-2006
SKシュトゥルム・グラーツ
2006-2011
サンフレッチェ広島
2012-
浦和レッドダイヤモンズ

リスト::サッカー選手