ミュートシティ

ゲーム

ミュートシティ

みゅーとしてぃ

F-ZEROシリーズに登場するレースコース。

作中世界最大の都市で、一大カジノ地区「ベガスパレス」もその一地区に含まれている。しかし、数十年後という設定の『F-ZERO FOR GAMEBOY ADVANCE』時では、近郊に高純度チタンが発見された「ビアンカシティー」にその覇権を奪われる運命にある。また『F-ZERO ファルコン伝説』系の設定では、その位置はかつてのニューヨーク市の所在地だという。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズでは

大乱闘スマッシュブラザーズDX』ではキャプテン・ファルコンのホームステージとして、『F-ZERO X』の「ミュートシティ1」をモチーフにした対戦ステージ「ミュートシティ」が登場する。足場がコース上を移動し、ところどころでコースに停留する。

大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』にも「ミュートシティ」というステージが登場するが、スマブラDXのものとは別物で、スーパーファミコン版の初代『F-ZERO』の「ミュートシティI」をモチーフにしている。ブルーファルコンファイアスティングレイなどのF-ZEROマシンが高速で走行しているコースの上に、2つの浮遊する足場が並走している。F-ZEROマシンは足場にもなるが、「CHECK」の文字が現れた後に画面外へ消えることがあり、そのままマシンの上に乗ったままでいるとミスになってしまう。

マリオカートシリーズでは

マリオカート8でもDLCに、F-ZEROシリーズとのコラボコースとして登場。

全区間が反重力エリアとなっており、ダッシュボードが多数設置されていて速度を維持しやすい。コース上にコインは置かれていないが、F-ZEROではエネルギー充填を行うピットゾーンを通ることで所持コインが増えるという本コース独自のルールがある。