スマートフォン用の表示で見る

ミュンヒハウゼンのトリレンマ

一般

ミュンヒハウゼンのトリレンマ

みゅんひはうぜんのとりれんま

ある価値観の正当性を主張しようとすると、「無限背進」「論理循環」「正当化恣意打ち切り」のいずれかに陥ってしまうこと。

ドイツ哲学者ハンス・アルバートが提唱。