ミラクルフルーツ

ミラクルフルーツ

みらくるふるーつ

英語:miracle fruit, miracle berry, miraculous berry

アカテツ科フルクリコ属の植物。赤い木の実を食べた後で酸味のあるものを食べると、その酸味が甘く感じられる。レモンを食べると甘いオレンジの様な味に感じられるらしい。実に含まれる蛋白質ミラクリン(miraculin)が、舌にある味覚器を刺激する為に甘みを感じる。ミラクリン横浜国立大学の栗原良枝教授(当時)によって分離。

1 μM のミラクリンを口に含んだ後、0.1 M のクエン酸を味わうと、0.4 M のショ糖に近い甘味を感じられる。作用は、2 時間ほど持続する。

1996年頃、一瞬ブームが来てすぐに下火にになったらしい。

学名:Synsepalum dulcificum / Richardella dulcifica

原産地:熱帯アフリカ

現地では、taami、asaa、ledidiなどと呼ばれる。


[rakuten:nihonkaki:10001074:detail]