スマートフォン用の表示で見る

ミレー

アート

ミレー

みれー

芸術家

ジャン=フランソワ・ミレー(1814年-1875年

写実主義美術を代表する芸術家の一人。

労働する農民の堂々とした姿を、聖書や古代文学に語られる人間の労働の根源的な意味と重ね合わせつつ描いた。

1875年1月20日、バルビゾンで死去。シャイイの墓地に友人テオドル・ルソーと並んで埋葬されることになる。

ミレー没後、1889年には、『晩鐘』がパリのオークションにかけられ、フランス政府アメリカ芸術家協会の一騎打ちとなり、当時としては史上最高の80万フランという高値を記録した。

ミレーの『晩鐘』、『落穂拾い』、『羊飼いの少女』は、その後世界中で複製され、彼の名を不朽のものにした。