スマートフォン用の表示で見る

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女

キーワードの候補

2件

映画

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女

みれにあむどらごんたとぅーのおん

Män som hatar kvinnor

スタッフ

キャスト

概要

ジャーナリズム雑誌『ミレニアム』のジャーナリスト兼発行責任者であるミカエル・ブルムクヴィストは、大物実業家の不正疑惑を報じたものの、名誉毀損裁判禁固3年の有罪判決を受けてしまう。責任を取って同誌を離れた彼のもとに、大企業ヴァンゲル・グループの元会長ヘンリック・ヴァンゲルから仕事の依頼が舞い込んだ。収監される前の時間を使って、40年前に起きた姪の行方不明事件を調査してもらいたい、というのだ。調査に着手したミカエルの元に、事件はその前後に起きていた連続女性殺人事件と関連がある、とのメールが来る。発信者は、ヴァンゲルの依頼によってミカエルの身辺調査を行っていた、天才的リサーチャーでありハッカーでもあるリスベット・サランデル。ミカエルはリスベットの能力を買って協力を依頼し、2人で事件を追うことになった。やがて忌まわしい真実が2人の前に明らかになる。

スティーグ・ラーソンによるベストセラーミステリ3部作、第1部の映像化。

*1:慎重な表現によるが、ストーリー展開上で、刺激の強い性愛・性的暴力の描写、父親の殺害、性的台詞及び惨殺死体写真がみられ、標記区分に指定します。(映倫データベースより

*2:Rated R for disturbing violent content including rape, grisly images, sexual material, nudity and language.

映画

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女

みれにあむどらごんたとぅーのおんな

Män som hatar kvinnor

スウェーデン/2009/153分/35mm/ギャガ/R15+

監督:ニールス・アルゼン・オプレブ

製作:ソーレン・スタルモス 原作:スティーグ・ラーソンミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』(早川書房刊) 脚本:ニコライ・アーセル、ラスマス・ヘイスターバング 撮影:エリック・クレス、イェンス・フィッシェル プロダクションデザイン:ニールス・セイエ 衣装:シーラ・ロービー 音楽:ヤコブ・グロート

出演:ミカエル・ニクヴィストノオミ・ラパス、スヴェン=ベルティル・タウベ、イングヴァル・ヒルドヴァル、レナ・エンドレ、ステファン・サウク、ビヨルン・グラナート、ペーターハーバー、マーリカ・ラーゲルクランツ、グンネル・リンドブロム、エヴァ・フレーリング、ゲスタ・ブレデフォルト、ミカリス・コウトソグイアナキス、トマス・ケーラー、ヤコブエリクソンペーター・アンデション、アニカ・ハリン、ユリア・スポーレ、テイラ・ブラッド、ヤスミン・ガルビ

原作

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 下

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 下

D