ムシトリナデシコ

動植物

ムシトリナデシコ

むしとりなでしこ

植物

ナデシコ科のマンテマ属でヨーロッパ原産

花の下の節の当たりが粘々していて、虫が付くことから名前がついた。

江戸時代園芸種として日本に入って来たのが野生化した。