スマートフォン用の表示で見る

メール便

社会

メール便

めーるびん

定義

信書便法上の信書便ではない軽量な荷物(封書など)を運ぶ宅配業者による運送サービス。

受領印をもらわずに、届け先のポストに投函することで配達完了する宅配便物。

各料金表

クロネコヤマト

重量1kgまで

厚み1cm2cm
A480円160円
B4160円240円

配達状況確認可能

ゆうメール

縦横高さの合計が1.7m以内

重量運賃
〜150g180円
〜250g210円
〜500g290円
〜1kg340円
〜2kg450円
〜3kg590円

配達状況確認不可

飛脚ゆうメール

重量運賃
200g以内110円
500g以内160円
1kg以内285円
2kg以内315円
3kg以内435円

配達状況確認不可

ヤマト運輸クロネコメール便

  • 個人での利用も可能です。(受付時に現金払い)
  • 普通郵便と同じように送り先の郵便受け(ポスト)に投函して配達が終了します。
  • 送料は全国一律料金で、A4サイズなら厚さ1cmまで80円、2cmまで160円、B4サイズなら厚さ1cmまで160円、2cmまで240円です。
  • 基本的には郵便受け(ポスト)に入る荷物サイズに限られます。(3辺計70cm以内、長辺40cm以内、厚さ2cm以内、重さ1kg以下)。→A4サイズでも同料金なので、定形外郵便や冊子小包と比べ低料金です。
  • 普通郵便と違い、荷物に取り扱い番号が割り振られますので、配達完了の確認ができます。
  • 宅急便と違い、配達日指定や時間帯指定はできません。また配送事故等の補償はほとんどありません。(普通郵便と同等)
  • 営業所への直接持ち込み、又は集荷ドライバー(無料受付)による受付(現時点ではコンビニや取次店での受付不可)→5/31より一部セブンイレブンで扱い開始との記事有りました
  • 詳細は→http://www.kuronekoyamato.co.jp/mail/mail.html
  • 問い合わせ電話番号→0120-01-9625

基本的には法人向けのサービスでしたが...

クロネコメール便は個人でも利用可能。現金即払いで事前契約も不要です。

佐川急便や日通ペリカン便にもそれぞれメール便がありますが、現時点では事前契約が必要で、個人利用は難しく、クロネコメール便に比べ料金も高めです。

メール便

カタログ、チラシなどA4サイズの封筒を中心に過程の郵便受けに配達するサービス。

受取人ごとに内容の異なる「信書」は扱えないが、中身は利用者の自己申告。

昨年度の取扱総数は13億通。ヤマト運輸は昨年四月、50グラム以下を半額の一通80円にするなど値下げに踏み切り

シェア74%を確保。

佐川急便は同11%。

類義用語

メール、電子メール、信書

宅配便事業宅配便信書便