スマートフォン用の表示で見る

メイ・サートン

読書

メイ・サートン

めいさーとん

May Sarton (1912-1995)ベルギー小説家詩人。『独り居の日記』をはじめとする日記も有名。4歳のとき父母とともにアメリカ亡命。女優になり、劇団を主宰するが挫折。1938年の処女詩集を上梓してからは著述に専念した。1960年代後半、小説のなかで同性愛を表白したことで大学の職を追われ、本の出版も中止された。1978年にパートナーとの別離や、小説『総決算の時』への悪意ある酷評、乳がんの手術などが重なり、鬱状態となる。しかし、自然・読書・友人・ファンに支えられて、あるがままの自分を受け入れ、回復していった。

『一日一日が旅だから』

小説

『今かくあれども』

『総決算のとき』

『猫の紳士の物語』

『ミセス・スティーヴンズは人魚の歌を聞く』

日記

『独り居の日記』

『回復まで』

『海辺の家』

『私は不死鳥を見た―自伝のためのスケッチ』

『82歳の日記』

エッセイ

『夢見つつ深く植えよ』