スマートフォン用の表示で見る

メガバンク

一般

メガバンク

めがばんく

巨大な資産や収益規模を持つ銀行(グループ)を言う。

日本において

2001年4月1日、さくら銀行住友銀行合併三井住友銀行(2000年3月期の資産規模97兆円)、東京三菱銀行三菱信託銀行日本信託銀行経営統合した三菱東京フィナンシャル・グループ(同85兆円)、三和銀行東海銀行東洋信託銀行の3行によるUFJグループ(同82兆円)が相次いで発足した。これで第一勧業銀行富士銀行日本興業銀行が2000年9月29日に設立したみずほフィナンシャルグループ(同約134兆円)と合わせ、4大銀行グループ(4大メガバンク)と呼ばれるようになった。

2005年10月1日に三菱東京フィナンシャル・グループUFJグループの経営統合により三菱UFJフィナンシャル・グループの発足により、みずほフィナンシャルグループ三井住友フィナンシャルグループと併せて2006年1月1日より3大メガバンク体制となっている。

大解剖 日本の銀行―メガバンクから地銀・信金・信組まで (平凡社新書)

大解剖 日本の銀行―メガバンクから地銀・信金・信組まで (平凡社新書)