メキシコ第二帝政

読書

メキシコ第二帝政

めきしこだいにていせい

メキシコ帝国スペイン語: Imperio Mexicano)の二度目の政体。(1864年-1867年)

アメリカ大陸に君主制の同盟国を樹立しようと企てたナポレオン3世の支持を得たメキシコ議会によって樹立された。ハプスブルク家オーストリア大公フェルディナント・マクシミリアンがメキシコ皇帝マクシミリアーノ1世として戴冠することが国民投票承認された。

メキシコでは第二次メキシコ帝国?傀儡国家として否定されており、学校教育での歴史教科書でも「メキシコ帝国は歴史上一つだけ存在した」ことになっている。