メキシコ壁画運動

アート

メキシコ壁画運動

めきしこへきがうんどう

(Mexican muralista art movement、メキシコルネサンス

1920年代から1930年代にかけてメキシコ革命下のメキシコ合衆国で起こった絵画運動?。革命の意義やメキシコ人としてのアイデンティティーを民衆に伝えることが目的であり、そのため個人所有でなく誰でもいつでも見ることのできる壁画が主な媒体に選ばれた。主な作家にディエゴ・リベラ(Diego Rivera)、ダビッド・アルファロ・シケイロス(David Alfaro Siqueiros)、ホセ・クレメンテ・オロスコ(José Clemente Orozco)らがいる。