メジャーリーグ2

映画

メジャーリーグ2

めじゃーりーぐつー

クリーブランド・インディアンスワールドシリーズニューヨーク・ヤンキースに勝利してから、

新しいシーズンを迎えようとしていた。

ロジャー・ドーンは球界を引退し、フェルプスからチームを大枚をはたいて買った。

監督はルーが留任となったが、新しい助っ人として、シカゴ・ホワイトソックスから

ジャック・パークマンが入団した。

さらに、送球難のあるキャッチャー、ルーブ・ベイカーが入団すると、ジェイクは彼のコーチ役を

任されることになる。

俊足のウィリーは、映画出演も果たし、すっかり有名人となっていた。

リッキーも有名人となったが、かつてのワルは影をひそめ剛速球の面影もなくなってしまった。

セラノもブードゥから仏教に鞍替えし、ハマ・マツスイに弟子入りするなど闘争心がなくなった。

そんな矢先に、ジャックはホワイトソックスに移籍し、東京ジャイアンツから外野手タカ・タナカ

が入団してきた。入団早々、セラノに絡むが、このことがきっかけで徐々にチームに火がついていく。

しかし、以前の勢いを失ったインディアンスは、チーム事情に比例してまた元の落ちこぼれ

戻っていく。万策尽きたドーンはチームを再びフェルプスに譲り渡す。

フェルプスの策略にはまってしまったチームに憤慨したルーは、檄を飛ばすがぜんぜん通じず、

心臓発作で病院に運ばれることになる。

次期監督はジェイクが就任し、今後の舵取りを任されることになった。

ここからインディアンスの快進撃のきっかけとなる。