メジャーリーグ3

映画

メジャーリーグ3

めじゃーりーぐすりー

万年2A投手、ガス・カントレルは引退というところまできていた。

旧友ドーンの勧めもあり、彼が所有しているミネソタ・ツインズの3Aバズの監督にならないかと

言われ、逡巡していた。

偶然、ライバルでツインズ監督のハフに出くわす。友達の女性と話をしたことで決心がかたまり、

早速現地に向かった。

待っていたのは、個性的どころか強烈な面々だった。

ロートル外野手、元ニューヨークバレー団の団員、ロッカーな投手、ハエとまり投手など、

実力はバラバラなものの、個性の面では多士済々である。

ガスらバズの面々は、3Aでの試合を通じて、野球への意識が変わっていく。

やがて、セラノやタカという元メジャーリーガーも加わり、チームも強くなっていく。

ドーンにミネソタに呼ばれた際に、レストランでハフとケンカになり、入れ替え戦の運びとなった。

この試合をきっかけにチームは大きく成長していくこととなる。