スマートフォン用の表示で見る

メゾン ある娼館の記憶

映画

メゾン ある娼館の記憶

めぞんあるしょうかんのきおく

(仏: L'Apollonide: Souvenirs de la maison close 英: House of Tolerance)

2011年フランス映画

概要

19世紀から20世紀にかけてのパリの高級娼館アポロ二ドを舞台に、そこで生活する娼婦たちの日常を美しくかつ退廃的に描く。監督はベルトラン・ボネロ?。ボネロは監督・脚本の他に製作も兼任し、音楽も自ら手がけた。

本作は2011年5月に開催された第64回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された[1]。翌2012年の第37回セザール賞では7部門にノミネートされ、アナイス・ロマンが衣装デザイン賞を受賞した。同年のリュミエール賞ではアデル・エネルが有望若手女優賞を受賞した。

日本では2011年10月に開催された第24回東京国際映画祭のWORLD CINEMA部門で『ある娼館の記憶』の題で上映された後、2012年6月に劇場公開された。

キャスト