MASC からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

一般

メディア・アクセス・サポートセンター

めでぃああくせすさぽとせんた

字幕・音声ガイドを普及させ、視覚・聴覚障害者がコンテンツへのアクセスをしやすくするよう活動するNPO。略称MASC。

作成補助ソフト「おこ助 for DVDDVD機器「おと見」を無償配布する。



http://npo-masc.org/

ごあいさつ

 日本が誇る映画、アニメーション、音楽などの優れたコンテンツは、私たちに多くの感動をもたらし、生きる喜びにまで繫がる大変重要なものだと思います。映画館や劇場の中で泣いたり笑ったり。感動を共有する楽しさは、人々のコミュニケーションのきっかけでもあり、人と人とを結びつける大切なものではないでしょうか。

 人々のコミュニケーションのきっかけは意外とこのような映画などのコンテンツに関するものが多いと感じます。しかし、そこにアクセス出来ない、感動の輪の中に入れない方々が沢山居るのをご存じでしょうか?

 耳が聞こえない、聞こえにくい方には「聴覚障害者用字幕」。目が見えない、見えにくい方には「視覚障害者用音声ガイド」があれば、その感動の輪の中に入っていけるのです。

 感動という「機会損失」は1人でも多くの方々に感動を届ける仕事である映画製作者の立場でも解決したい課題でした。そしてコンテンツの権利者、製作者、提供者、受け手側等それぞれの知恵と行動が必要だと考え、メディア・アクセス・サポートセンターが設立されました。インターネット配信系で広がるメディアの多様化に対応していくには、新しいインフラが必要です。

 「感動をみんなのものに」をキャッチフレーズに、映画館や劇場から家庭まで、映像コンテンツのバリアフリー化から取り組んでまいります。

NPO法人 メディア・アクセス・サポートセンター

理事長 児玉昭義


「おこ助」とは

「おこ助」は字幕、音声ガイドなどを制作する際に、マルチメディアからの文書書き起こし、タイミング付加をするための補助ツールです。

メディアの再生からテキスト・タイミングの入力・表示まで字幕起こしの全てをサポート。

また、音声ガイドセルの自動生成・タイミング指示・原稿作成など視覚障害者用音声ガイド制作をバックアップ

映像メディアバリアフリー化に要する多くの作業工程をより手軽にすることを目的としています。