スマートフォン用の表示で見る

メデューサ

一般

メデューサ

めでゅーさ

ギリシャ神話より

醜悪な顔で髪は蛇、歯は猪のようで、大きな黄金の翼を持つ。目は見たものを石にする力があった。

一般的には、メデューサ、ステンノ?(sthenno強い女)、エウリュアレ?(euryele遠くに飛ぶ女)の3姉妹を指す。

オイディウス?の「変身物語?」によれば、ゴルゴンの三姉妹は、ポルキュス?とケト?の間に生まれた娘たちである。

とても美しい娘たちで、中でも見事な金髪を持っていたメデューサは、海の神ポセイドンに愛された。

しかし、二人がアテナ神殿で逢引をしたため、神殿を汚されたアテナと、ポセイドンの妻アンフィトリテ?の呪いを受けた。

メデューサが、アテナよりも自分の方が美しいと言ったためという説もある)

メデューサは髪が蛇、見る者が石になってしまうほど恐ろしい怪物となってしまった。

これに抗議した、彼女の姉たちも、アテナによって怪物に変えられてしまった。

(元々蛇の髪を持った恐ろしい姿であったが、ポセイドンは恐れなかったともいう)

恐ろしい姿に変えられた後は、人里離れた場所に隠棲していたが、やってきた英雄ペルセウスによって殺されてしまう。(二人の姉は無事だった。そもそも、二人の姉は不死の存在だったが、メデューサだけがモータルな存在だった)

流された血からはペガサスが生まれ、ペルセウスはそれにまたがって凱旋した。

メデューサの生首はその後、アテナに献上され、彼女の盾を飾り向かってくる者を石に変える迎撃兵器となった。

関連:ライダー