メトヘモグロビン血症

サイエンス

メトヘモグロビン血症

めとへもぐろびんけつしょう

酸性窒素の過剰摂取で、血液がチアノーゼを起こす症状。上水道の水質基準では10ppmであるが、地下水のなかには基準値を超えるものもある。症状は乳幼児に出やすい。