スマートフォン用の表示で見る

メフィストフェレス

読書

メフィストフェレス

めふぃすとふぇれす

Mephistopheles

悪魔の一。名前の意味は「光を愛さない者」。

地獄の七大王子の一人で、元大天使(第8位)。


ゲーテファウストに登場することで有名。

作中では、老いたファウスト博士に、この世で奴隷となり、あの世で主人となる契約を持ちかける。現在に満足して怠惰になった時(「時よ止まれ! お前は美しい!」とキーワードを口にした時)、博士は死ぬという内容。ファウスト博士は契約を結ぶが、結局、干拓事業に満足しファウスト博士は先の台詞を叫ぶ。けれども、神の手によってこの契約は反故にされ、ファウストは救われる。

物語上は道化、狂言回しの役割を与えられており、言葉の端々に小物ぶりがうかがえる。口は立つが気の弱い営業系サラリーマンと言ったところか。こんな風に書くと肩書きがうそ臭く見えるが。