スマートフォン用の表示で見る

メメックス

MEMory EXtender

「ディファレンシャル・アナライザー」と呼ばれるアナログコンピュータの研究者でもあったヴァーネヴァー・ブッシュが、1945年に発表した雑誌論文「われわれが思考するがごとく(As We May Think)」*1((http://www.ps.uni-sb.de/~duchier/pub/vbush/vbush.shtml))で提唱した仮想の機械。書籍や記録、資料等を無尽蔵に保存し、即座に検索・参照できる個人用の装置である。それは単なる従来の紙でできた本の代替ではなく、項目同士を自在につなげて、多数の結合を保存する連想作用の機械化であるとされた。ハイパーテキストのコンセプトの始まりといわれている。

*1:『思想としてのパソコン』 西垣 通 編著訳 NTT出版 1997年