スマートフォン用の表示で見る

メラトニン

このキーワードの記述はメラトニンについての一般的な情報です。摂取者の体質によって予期せぬ副作用を被るリスクがあります。メラトニンの摂取を考えている人は、必ず摂取前に医師免許のある医師に相談してください。

脳内でも作用できる抗酸化作用を持つために「若返りホルモン」などと言われるスマートドラッグの一つ。体内リズムを調整する働きを持つホルモンアメリカなどでは、医療用の睡眠促進剤として病院で処方されています。

  • 用法・用量……目安として0.5mg〜6mgを就寝前の適切な時間に摂取。(増減)
  • 効能・効果……メラトニンの服用によって体内時計のリズムが調整され、自然な睡眠を得る事ができるようになると言われています。時差ボケの治療や睡眠リズム障害の治療などに使われます。
  • 副作用など……体質によって血圧低下や腹痛、睡眠障害の憎悪が起こることがあります。また、大量に服用するとメラトニン中毒となり、意識障害を起こします。もし牛などから抽出したメラトニンの場合、狂牛病を引き起こすプリオンと呼ばれるタンパク質が含まれている可能性がありますが、合成メラトニンであればプリオンが含まれていないので異常プリオン摂取を避けられると主張されています。あと注意する点は、飲んだ後は自動車の運転や危険な機械の操作に従事してはならない事が挙げられます。
  • その他・・・この物質は、脳の松果体に特異的に存在する酵素によって、セロトニンから合成されるホルモンです。メラトニン松果体での濃度が上昇すると人は睡眠を欲するというシステムを持っていて、濃度は夜に上昇し、朝、日の光を浴びたりすることによって分解されます。すなわち、これを外部から投与することによって、生体が持つ睡眠リズムを調節してやることが出来ます。特に、高齢の方などはメラトニンの分泌量がかなり減っているのですが、これを投与する事によって深い睡眠が得られ、老化防止にもつながるという報告がなされています。用量は750μg〜20mgと、諸説ありますが、大抵0.5〜3mgの製品が売られていますので、まずこの量から試してみて各自で調節する場合が多いようです。

薬事法との関係

米国では栄養補助食品として小売市場に流通しているが、日本では医薬品扱いのホルモン製剤であるため、輸入・製造・市場流通は薬事法違反になる。自己が服用するために一定量(二か月分)までのメラトニン剤を個人輸入することは禁じられていないが、それを転売譲渡すると薬事法違反になる。輸入代行は可能だが、未承認医薬品のため効能・服用法を明記して広告・代行することは禁止されている。

参考情報

毎日ライフ:不眠症の改善に、メラトニンを試してみたいと思っていますが、効果はありますか。
http://www.mainichi.co.jp/life/life/clinic/seishin/20030331.html