スマートフォン用の表示で見る

メリオダス

マンガ

メリオダス

めりおだす

鈴木央の漫画『七つの大罪』の登場人物、主人公。アニメでの担当声優梶裕貴

移動する酒場「豚の帽子」亭を営みつつホークとともに旅をしている。見た目は少年だが、その実は「七つの大罪」のメンバーである。背負っている罪は「憤怒の罪(ドラゴン・シン)」。ちょっぴりエッチだけど頼れるリーダー。

10年前に濡れ衣を着せられた事件の真相を求め、散り散りになった団員を捜索する旅のさなか、国の危機を報せに来たエリザベス・リオネスと出会う。以後は王国とエリザベスを救うべく奮戦し、事件の首謀者たるヘンドリクセンを撃退した後、彼が復活させてしまった旧知の間柄である魔神族の精鋭<十戒>との戦いのため、キャメロットに赴く。