メル・ホール

Melvin Hall Jr.

70〜90年代のプロ野球選手。

左投左打、ポジションは外野手背番号は23→7番。


1960年9月16日生まれ。米国ニューヨーク州出身。

1978年、シカゴ・カブスドラフト2位で入団。

1981年、メジャー昇格。

1984年クリーブランド・インディアンズに移籍。

1989年、ニューヨーク・ヤンキースに移籍。

主に4番打者として活躍。


1993年、来日し千葉ロッテマリーンズに入団。

4番打者指名打者として、マックス・ベナブルと共に打撃陣を牽引。

1994年には、ヘンスリー・ミューレンとのコンビで活躍した。

しかし、元MLB選手としてのプライドが高く、性格面での問題が大きかった。

また、翌1995年からの新体制に合わないと判断され、同年、退団。

解雇に反発し、フロントにかけより猛抗議を行ったことで知られる。


1995年、中日ドラゴンズに移籍。主に左翼手として出場。

高年齢と怪我による不振のため、後半戦以降は出場機会が減少。同年、退団。


1996年、サンフランシスコ・ジャイアンツに入団しMLB復帰。

同年、現役引退

実働13年間で通算1276試合出場。通算1171安打、134本塁打、620打点を記録。オールスターゲーム出場0回。

引退後はテキサス州に在住、バスケットボールのコーチを行う。


2007年6月21日、未成年者への猥褻行為の容疑で逮捕。