Merleau-Ponty からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

読書

メルロ=ポンティ

めるろぽんてぃ

Maurice Merleau-Ponty(1908〜61)

フランス哲学者実存主義を代表する哲学者の一人。

フッサール現象学の影響を強く受け、科学批判、認知主義批判を行った。

著作は『行動の構造』『知覚の現象学』『意味と無意味』『見えるものと見えないもの』等。