モーダルシフト

一般

モーダルシフト

もーだるしふと

トラックによる幹線貨物輸送を、地球に優しく、大量輸送が可能な海運または鉄道に転換すること

2005年に発効された京都議定書により、日本が排出する温室効果ガス量を1990年比で6%削減しなければならない。

物流における温室効果ガスの排出量は、全排出量の20%を占めている。

特に自動車、トラックから排出される温室効果ガスは自家用、業務用併せて70%近くあるため、

物流の根幹をトラックから温室効果ガスの排出量が少ない鉄道(トラックの1/8)や船舶輸送(トラックの1/4)へ移行しようとしている。

温室効果ガスの削減以外にも、交通事故の減少、輸送コストの減少などの利点がある。

日本貨物鉄道佐川急便は2003年に貨物電車スーパーレールカーゴ」を共同開発、

主に宅配荷物を取り扱い、大阪-東京間で運用されている。