スマートフォン用の表示で見る

モーメントマグニチュード

サイエンス

モーメントマグニチュード

もーめんとまぐにちゅーど

Mw

地震モーメントの大きさをマグニチュードに換算したもの。1977年に当時カリフォルニア工科大学地震学の教授であった金森博雄が導入した。

地震を起こした断層運動の規模に関係するので大地震の規模の表現に適しており、定義が明確なのでアメリカ地質調査所USGS)など国際的に広く使われている。