Maurice Ravel からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

音楽

モーリス・ラヴェル

もーりすらう゛ぇる

Joseph-Maurice Ravel , 1875年3月7日 - 1937年12月28日)

スペイン狂詩曲』やバレエ音楽『ダフニスとクロエ』、バレエ音楽ボレロ』の作曲や『展覧会の絵』のオーケストレーションでよく知られたフランス作曲家。バスク系フランス人?

ピアノ作品

グロテスクなセレナード(Sérénade grotesque, 1893年頃)

自筆譜では単に「セレナード」という題である。

耳で聴く風景(Les sites auriculaires)

ハバネラ(Habanera)

ドビュッシーが「グラナダの夕べ」に盗作したのでは、と物議を醸した作品。後にオーケストレーションして「スペイン狂詩曲」の第3曲に使われている。

鐘の鳴るなかで(Entre cloches)

口絵(Frontispice)

古風なメヌエット(Menuet antique, 1895年

亡き王女のためのパヴァーヌ(Pavane pour une infante défunte, 1899年)

水の戯れ(Jeux D’Eau, 1901年

ソナチネ(Sonatine, 1903年〜1905年)

中庸の速さで(Modéré)

メヌエットの速さで(Mouvement de menuet)

生き生きと(Animé)

鏡(組曲)(Miroirs, 1904年〜1905年)

蛾(Noctuelles)

悲しい鳥(Oiseaux tristes)

海原の小舟(Une barque sur l'ocean)

道化師の朝の歌(Alborada del gracioso)

鐘の谷(La vallée des cloches)

夜のガスパール(Gaspard de la Nuit,1908年

オンディーヌ(Ondine)

絞首台(Le Gibet)

スカルボ(Scarbo)

マ・メール・ロワ組曲)(Ma Mère l'Oye,1908年1910年

眠りの森の美女パヴァーヌ(Pavane de la belle au bois dormant)

親指小僧(Petit Poucet)

パゴダの女王レドロネット(Laideronette, Impératrice des Pagodes)

美女と野獣対話(Les Entretiens de la Belle et de la Bête)

妖精の園(Le Jardin Féerique)

ハイドンの名によるメヌエット(Menuet sur le nom d'HAYDN, 1909年

高雅で感傷的なワルツ(Valses nobles et sentimentales, 1911年

モデレ(Modéré - Très franc)

アッセ・ラン(Assez lent)

モデレ(Modéré)

アッセ・ザニメ(Assez anime

プレスク・ラン(Presque lent)

ヴィフ(Vif)

モワン・ヴィフ(Moins vif)

エピローグ、ラン(Epilogue)

ボロディン風に(A la manière de Borodine, 1913年

シャブリエ風に(A la manière de Emannuel Chabrier, 1913年

前奏曲 イ短調(Prélude, 1913年

クープランの墓(Le Tombeau de Couperin, 1914年1917年

前奏曲(Prélude)

フーガ(Fugue)

フォルラーヌ(Forlane)

リゴドン(Rigaudon)

メヌエット(menuet)

トッカータ(toccata)

パレード(Le parade, 1896年

メヌエット嬰ハ短調(Menuet en ut dièse, 1904年)

協奏曲

ピアノ協奏曲ト長調(Concerto pour piano et orchestre, sol majeur)

アレグラメンテ(allegramente)

アダージョ・アッサイ(adagio assai)

プレスト(presto)

もともとはバスク協奏曲として計画されていたもの。

左手のためのピアノ協奏曲(Concerto pour la main gauche

第一次世界大戦で右手を失ったピアニストパウルウィトゲンシュタイン哲学者として知られるウィトゲンシュタインの兄)の依頼によるもの。ジャズの影響が色濃い。

管弦楽作品

スペイン狂詩曲(Rapsodie espagnole,1907年)

夜への前奏曲(Prélude a la nuit)

マラゲーニャ(Malagueña)

ハバネラ(Habanera)

祭り(Feria)

マ・メール・ロワ組曲ピアノ曲からの編曲1912年

クープランの墓(組曲ピアノ曲からの抜粋編曲1919年

前奏曲(Prélude)

フォルラーヌ(Forlane)

メヌエット(Menuet)

リゴードン(Rigaudon)

亡き王女のためのパヴァーヌピアノ曲からの編曲1910年

古風なメヌエットピアノ曲からの編曲1928年

シェエラザード』序曲(Ouverture 'Shéhérazade')

海原の小舟(Une barque sur l'océan)(ピアノ曲からの編曲

道化師の朝の歌(Alborada del gracioso)(ピアノ曲からの編曲

オペラ

スペインの時計(L'heure espagnole)

1幕のオペラ。時計屋の女房に言い寄る男たちをコミカルに扱った歌劇

子供と魔法(L'enfant et les sortilèges)

'子供と呪文' という場合もある。2幕のオペラ

バレエ音楽

ボレロ(Boléro, 1928年

ラヴェルの作品の中で最も有名な曲である。

ダフニスとクロエ(Daphnis et Chloé, 1909年-1912年

合唱付きの全曲版、および合唱の無い全曲版から抜粋した第1組曲、第2組曲がある。

ラ・ヴァルス(La Valse, Poème choréographique, 1919年-1920年

マ・メール・ロワ(全曲版)

ジャック・ルーシェの依頼によるバレエのための編曲組曲版とは順番が違い、前奏曲と間奏曲が付加され、全体が続けて演奏される。1912年に初演。

前奏曲(Prélude)

第1場: 紡ぎ車の踊りと情景(Danse du rouet et scène)

第2場: 眠りの森の美女パヴァーヌ(Pavane de la belle au bois dormant)

第3場: 美女と野獣対話(Les entretiens de la Belle et de la Bête)

第4場: 親指小僧(Petit poucet)

第5場: パゴダの女王レドロネット(Laideronnette, impératrice des Pagodes)

アポテオーズ: 妖精の国(Le jardin Féerique)

高雅で感傷的なワルツ(アデライド、または花言葉)(ピアノ曲からの編曲1912年

室内楽曲

遺作のヴァイオリンソナタ1897年作曲、単一楽章)

弦楽四重奏曲ヘ長調

序奏とアレグロ(Introduction et allegro)

ピアノ三重奏曲イ短調

フォーレの名による子守歌(Berceuse sur le nom de Gabriel Fauré)

演奏会用狂詩曲『ツィガーヌ』(Tzigane)

ヴァイオリンピアノ・リュテアル(またはピアノ)のための作品。ヴァイオリン管弦楽にも編曲された。

ヴァイオリンソナタ

ヴァイオリンチェロのためのソナタ

ドビュッシーの墓(トンボー)(Le tombeau de Claude Debussy) - ヴァイオリンチェロのためのソナタの第1楽章となった。

声楽曲

暗く果てしない眠り

聖女(Sainte)

クレマン・マロのエピグラム(2 Epigrammes de Clément Marot)

クレマン・マロの2つの風物詩とも。

私に雪を投げるアンヌへの(D'Anne qui me jecta de la neige)

スピネットを弾くアンヌへの(D'Anne jouant de l'epinette)

シェエラザードShéhérazade)

アジア(Asie)

魔法の笛(La flûte enchantée)

つれない人(L'indifférent

おもちゃのクリスマス(Le Noël des jouets)

5つのギリシア民謡(5 Mélodies populaires grecques)

博物誌(Histories naturelles)

くじゃく(Le paon)

こおろぎ(Le grillon)

白鳥(Le cygne)

かわせみ(Le martin-pêcheur)

ほろほろ鳥(La pintade)

ハバネラ形式のヴォカリーズ(Vocalise-étude en forme de habanera)

草の上で(Sur l'herbe)

トリパトス(Tripatos)

民謡集(4曲; Chants populaires)

スコットランドの歌(Chanson écossaise)

ステファヌ・マラルメの3つの詩(3 Poèmes de Stéphane Mallarmé)

ため息(Soupir)

むなしい願い(Placet futile)

壷のなかから一飛びに躍り出た(Surge de la croupe et du bond)

ドビュッシーが同時期に、第1曲、第2曲と同じ詩に作曲している。

無伴奏混声合唱のための3つの歌(3 Chansons)

ニコレット(Nicolette)

3羽の美しい極楽鳥(3 Beaux oiseaux du paradis)

ロンド(Ronde)

2つのヘブライの歌(2 Mélodies hébraïques)

カディッシュ(Kaddish)

永遠の謎(L'énigme éternelle)

マダガスカル島民の歌(Chansons madécases)

ナアンドーヴ(Nahandove)

おーい(呼び声)(Aoua!)

休息-それは甘く(Repos-Il est doux)

ドゥルシネア姫に思いを寄せるドン・キホーテ(Don Quichotte à Dulcinée)

ロマンティックな歌(Chanson romanesque)

勇士の歌(Chanson épique)

乾杯の歌(Chanson à boire)

もともと映画「ドン・キホーテ」の劇中歌として作られたが、映画では使用されなかった(イベールの曲が採用された)。

アリッサ(Alyssa)1903

ルシオーヌ(Alcyone)1902

合作

ジャンヌの扇(L'éventail de Jeanne)

ジャック・イベール、アレクシス・ロラン=マニュエル、アルベール・ルーセルダリウス・ミヨーフランシス・プーランク、ジョルジュ・オーリック、フロラン・シュミット、マルセル・ドラノワ、ピエール・フェルーとの合作。そのうち1曲目のファンファーレを担当。

編曲

展覧会の絵(Tableaux d'une exposition; ムソルグスキーピアノ曲管弦楽編曲

謝肉祭(1914年にヴァーツラフ・ニジンスキーの委嘱によりシューマンピアノ曲管弦楽編曲、ただし現在3曲[12]しか楽譜が残されていない)

夜想曲(ドビュッシーオーケストラ女声合唱のための曲を2台のピアノのために編曲[13][14]。)

牧神の午後への前奏曲(ドビュッシーオーケストラ作品を2台のピアノ用に1910年編曲[14]。)

サラバンドドビュッシーピアノ曲管弦楽編曲

舞曲(スティリー風タランテラ)(同上。1922年編曲[14]。)

華やかなメヌエットシャブリエピアノ曲管弦楽編曲