モダン・バレエ

アート

モダン・バレエ

もだんばれえ

ダンス、かつバレエのジャンルの一つ。

ダンス・アカデミッククラシック・バレエによって整備体系づけられた舞踊の技術)に基づいて、かつモダン・ダンスの要素を取り込んだもの。

モダン(・バレエ)作品」「新作」と呼ばれるものには、「白鳥の湖」や「コッペリア」といったクラシック・バレエ作品を音楽やストーリーの基本モチーフを使用しつつ現代風に翻案したものもあれば、ジャズやロックなどを楽曲と使用する全くの新作もあり、その示す範囲は広い。

  • モダン・バレエ」の指すものには、創作ダンスなどの体育・体操方面からのアプローチをしている指導者や作風といった一つのジャンルを指すことがある。しかし、ダンス・アカデミックに範をおいていない場合など、コンテンポラリー・ダンスのようには独立確立したジャンルと捉えがたい部分もある。

歴史

イサドラ・ダンカンによって始められたモダン・ダンスは、バレエにも大きな影響を与え、バレエ・リュスのミハイル・フォーキンもその影響を受けたといわれる。

また、ニジンスキーは『牧神の午後』『春の祭典』など、クラシック音楽を題材にした、非クラシック的なバレエ作品を作った。

そのエッセンスを受け継いだコリオグラファーとして、モーリス・ベジャールがあげられる。