スマートフォン用の表示で見る

モノポリー

ゲーム

モノポリー

ものぽりー

英語で「独占」を意味するボードゲーム


アメリカニュージャージー州のアトランティックシティに実在する通りの名前(一部除く)が付けられた盤上を回り、資産を増やしていく。

サイコロ2個を振って進み、止まった土地の権利書を購入したり、土地の所有者がいればレンタル料を支払ったりする。


このゲームの特徴はプレーヤー間での交渉で、権利書の売買や交換を行うことが可能である。

交換や売買によって同じカラーの土地を独占することで、そのカラーグループのレンタル料が倍になり、より高いレンタル料を取れる家やホテルの建設が可能になる。


このようにゲームを進めていき、レンタル料が支払えなくなると破産となりそのプレーヤーは負けとなる。

最終的に残った1人のプレーヤーが勝者となる。


日本選手権世界選手権も開催されており、1988年と2000年には日本人が世界チャンピオンになっている。


モノポリー1930年代アメリカで一般発売され、1960年代に日本ではなやまが初めて発売、現在はタカラトミーが版権を保有している。

各国でその国の地名に合わせたローカル版が作られており、日本でも全国各地の地名を使ったもの(モノポリージャパン)が販売されている。


近年ではご当地モノポリーとして、秋田県版、大阪版、横浜版、大河ドラマ50のご当地版、會津版、大阪環状線版が発売されている。