スマートフォン用の表示で見る

モフモフ療法

一般

モフモフ療法

もふもふりょうほう

動物やぬいぐるみなどの柔らかなふんわりとした被毛の様、或いはふんわりとした被毛に接触した感触を(モフモフ)もふもふと形容されるが、このモフモフと接触する事でヒトは安らぎを覚えるとされ、この感覚を積極的採り入れたセラピーモフモフ療法という。

モフモフ療法には主に猫が用いられる事が多いとされるが、アレルギー等を勘案し、ぬいぐるみが使用される場合もある。

但し、モフモフ療法には離脱症状が有ることが知られており、その用法に当たっては適切な指導の元に行われることが求められている。

※画像はモフモフ療法の治療を受ける患者 K さん。


関連キーワード:ぷにぷに療法?、ぺろぺろ療法?