MOHOMBI からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

本名はモホンビ・ンザシ・ムポンド(Mohombi Nzasi Moupondo)。アーティスト。

レディー・ガガの仕掛け人=レッドワンが満を持して世に送り出す大型新人として話題に。

1986年、コンゴ生まれ。母親はスウェーデン人、父親はコンゴの王族。


彼に転機が訪れたのは13才のころ。生まれ育ったコンゴが内戦で崩壊寸前となった時、コンゴの王族兼政治家でもあった父親の判断でヨーロッパに送られた。ストックホルムに落ち着いた彼は、そこで一気に西欧POPSの虜になった。高校は音楽専門学校に通い、ストックホルム国立音楽大学を卒業した。大学卒業後の2004年、DJとして一足先に音楽活動を行っていた兄(Djo)と共にユニット(Avalon)を組み、ダンスホールヒップホップアフリカのビートを融合させた独特な音楽スタイルでアフリカとヨーロッパを拠点に活動し、2007年にリリースしたアルバム『Afro-Viking』はヨーロッパで50万枚のセールスを記録した。ソング・ライターとしても活躍していたMOHOMBI、BIGBANGにも多数トラックを提供しており、「ナンバー・ワン」「カム・ビー・マイ・レイディ」「ガラガラGO!!」「Stay」「Top Of The World」「Follow Me」「Emotion」を共作している。BIGBANGの成功も自信に繋がり、LAに拠点を移した2009年、レッドワン(母親はスウェーデン人、父親はモロッコ人)と運命的な出会いを果たし、意気投合、レッドワンが設立したばかりのレーベル=2101レコードの第一号アーティストとして契約を交わした。最近ではファー・イースト・ムーヴメントのデビュー・アルバム『フリー・ワイヤード』収録「シー・オウンズ・ザ・ナイト」のゲスト・ヴォーカリストとして共演している。

screenshot