スマートフォン用の表示で見る

モルガン・スタンレー

一般

モルガン・スタンレー

もるがんすたんれー

アメリカ証券会社投資銀行。 Morgan Stanley.(NYSEMS

俗称はモルスタ

日本に早くから進出し、投資銀行業や機関投資家向け証券業が特に充実している。

バブル崩壊後の不良債権処理においてバルクでの引き受けを大量に行い、特に不動産投資で巨利をあげたことが記憶に新しい。

投資活動は依然として活発で、2007年4月には国内にある13の全日空ホテル(ANAホテル)をまとめて全日本空輸から買収することを発表。この買収金額は約2,800億円といわれ、国内の不動産取引で最高規模であるとニュースになった。

 なお、同じくアメリカ資本である銀行業のJPモルガン・チェースグループとは1933年の米グラス・スティーガル法によってJPモルガン銀行から分離した経緯があるが、現在直接関係はない。なお社名のモルガンは、JPモルガンの孫であるヘンリー・モルガンの名から付けられている。

2009年、モルガン・スタンレーシティグループによる、モルガン・スタンレーのグローバル・ウェルス・マネジメント・グループと、シティグループスミス・バーニー英国のクィルター及びスミス・バーニーオーストラリアを一体化する「モルガン・スタンレー・スミス・バーニーMorgan Stanley Smith Barney)」という合弁会社を発足させている。