スマートフォン用の表示で見る

モンゴル人民党

社会

モンゴル人民党

もんごるじんみんとう

モンゴル語: Монгол Ардын Нам: Mongol Ardyn Nam)略称はМАНだが、英語名 Mongolian People's Party のイニシャルをとってMPPとも略される。

沿革

1918年から1919年頃に形成されたモンゴルの二つの革命グループ、すなわち民族主義者ボドーらを中心とする「領事館の丘」グループと、ダンザン、ドクソムらを中心とする「東庫倫」グループが1920年春に合体しモンゴル人民党を結成したものが前身。1921年の革命をリードする。1924年モンゴル人民革命党モンゴル語: Монгол Ардын Хувьсгалт Нам: Mongol Ardyn Khuvsgalt Nam)と改称した。1990年一党独裁放棄し、社会民主主義を掲げる中道左派政党へと衣替えし、2003年には社会民主主義政党の国際団体である社会主義インターナショナルに加盟している。もっとも、加盟に際しては、党名から「革命」の語を削除していないことが問題視された。2010年11月5日に党名から「革命」の語を削除し、旧名に戻ったが、現執行部に反発したナンバリーン・エンフバヤルらが人民革命党の名を掲げ分裂。