スマートフォン用の表示で見る

モンサント社

サイエンス

モンサント社

もんさんとしゃ

 アメリカミズーリ州セントルイスに本社を置く農業関連の世界的企業。世界の「遺伝子組み換え」作物の種の90%のシェアーを持つ。除草剤ラウンドアップとセットでこの農薬に(遺伝子組み換えのすえ)耐性を持った植物を販売する。

 また、かつてはPCB独占販売していたし、ベトナム戦争で使用された枯葉剤を作ったのも、この会社である。

枯葉剤には「ダイオキシン」が含まれるので危険であると、後に明らかにされた。