スマートフォン用の表示で見る

モンスターハンターG

ゲーム

モンスターハンターG

もんすたーはんたーじー

プレイステーション2版

2005年1月20日にカプコンから発売された。スマッシュヒットとなった「モンスターハンター」第1作のバージョンアップ版。


元々は前作の廉価版を発売するつもりだったが、廉価版にするのはもったいないということで改良・追加が行われた。

拡張ディスクではないので、本作単独 (前作は不要) で遊べる。メモリーカードに前作のデータがあればキャラクターデータや装備品などの引き継ぎが可能。

前作からの変更点・追加要素

  • 新武器として「双剣」追加*1
  • オフラインに訓練所追加。限定された装備・アイテムで飛竜を討伐
  • オフライン、オンラインともに新クエスト追加
  • 倉庫の拡張 (拡張用のアイテムが必要)
  • 新装備・色違い装備の追加
  • 既存装備の調整
  • スキル発動の仕組みを変更
  • リオレウス亜種などの既存モンスターの亜種の追加
  • 飛竜のアクション追加、一部攻撃の変更
  • オンラインにハンターランクHR)21以上の「G級クエスト」追加

前作からの引き継ぎ

  • 所持金を含むキャラクター情報 (顔、声、髪型など。変更不可)
  • すべての装備品 (武器・防具) とアイテムの一部 (レア度4以上)。アイテムの一部は引き継ぎ不可で換金される。ただし攻撃力・防御力、スタック可能数やレア度などは調整される
  • 村クエスト★1までのクエストクリア情報
  • 街クエスト下位★3までのクエストクリア情報
  • HRは13を上限
  • HRポイントは各ランクの初期値に戻される
  • 本作に引き継いでも、前作のセーブデータはそのまま残る(上書きされない)

ちなみに、本作はマルチマッチングBB韓国展開第1弾として、韓国でも発売されている。しかも発売日は2005年1月20日である。

なお、ネットワークモードはマルチマッチングBBのサービス終了に伴い、2011年6月30日をもって終了している。

Wii版

2009年4月23日にカプコンから発売された。

クラシックコントローラーがないと遊べない仕様になっているが、トライ(=MH3)の体験版が付属している。

こちらもネットワークモードは2013年9月12日をもって終了*2している。


Wii版の追加・変更要素

  • シングルモードの村で食事を取ることが追加
  • プーギーにエサやおやつを持たせることが追加
  • PSP版(主にMHP2G)に近い操作方法かPS2版(主にMH2)とほぼ同じ操作方法が選択可能
  • いろいろなシステムがMHP2G準拠になっている
    • アイテムボックス内で調合する「ボックス内調合」
    • 予め設定した防具に一発で変更できる「マイセット」
    • ツタやはしごで[R]ボタンを押すとスタミナを消費して早く登り降りする
    • 起き上がり動作の途中で回避行動ができる
    • 部位破壊時のエフェクトが変更された
    • イャンクックの耳が破壊可能になった
    • ゲームスタート時にアイテムボックスに片手剣以外も武器と防具一式も用意されている
    • 大剣での溜め攻撃が可能となった
    • 片手剣が武器を出したままアイテムを使用可能になった
    • ランスで3連ステップが可能となった
    • 村クエストに各フィールドの素材採集ツアーが追加された
    • 亜種モンスターが登場するクエストが独立した
    • クエストクリア時にアイテムポーチがいっぱいでも大丈夫。「アイテムボックスに送る」機能
    • 購入物を直接アイテムボックスに送れる「買って送る」機能
    • アイテムボックスのストック数は所持可能個数に関係なく1枠あたり99個
    • アイテムボックスのページが初期から300枠あり、最大500枠まで増える。
    • クーラードリンク・ホットドリンクの所持限界数が3→5に増加。
    • アイテムポーチが8枠×3ページの24枠に
    • 落とし穴の調合成功確率が75%に

Buy Now

モンスターハンターG PlayStation 2 the Best

モンスターハンターG PlayStation 2 the Best

*1:海外版は当初からあった

*2:おそらくMH4との入れ替わり

モンスターハンターG
目次