ヤードスティック方式

ヤードスティック方式

(一般)
やーどすてぃっくほうしき

ヤードスティック方式は複数の事業者のコストを比較して、基準となる標準コストを算定し、標準コストを元に料金を定める方式。
日本では、電気事業の他に鉄道事業でも採用されている料金査定制度。
原型は1980年代に発展した経済学理論に基づく考え方で、実際には比較企業数をある程度確保しなくてはならないなどの課題もある。日本では、1995年の電気事業法改正時、公正報酬率規制と混合した形で導入された。

新着ブログ: ヤードスティック方式