スマートフォン用の表示で見る

ヤン・ファーブル

アート

ヤン・ファーブル

やんふぁーぶる

:芸術家

ヤン・ファーブル1958年ベルギーアントワープ生まれ。ここ数年は本国のベルギーはもとより、ベルリンメトロポリス展、カッセルドクメンタ9展への出品など、国際的な活動を精力的に続けています。また美術の枠を超え、演劇(ex『劇的狂気の力』'84)、ダンス、オペラなどの分野でも意欲的な発表を続けていて、それぞれについても高い評価を得ています。

日本における初の個展では、彼の作品にしばしば登場する昆虫を用いた彫刻や、青インクのボールペンによるドローイングなどが展示されました。またフィルムワークやシアターワークについては、会場内でビデオの上映を行い、またそれを機にヤン・ファーブルとヤン・フートの対談集がペヨトル工房より翻訳・出版されました。