ユーザーテスト

一般

ユーザーテスト

ゆーざーてすと

新規サービスの立ち上げやウェブサイトリニューアルの際に、ユーザーにプロトタイプを実際に見たり操作してもらい問題点や改善点を見つける手法

第3者や一般のユーザーにチェックしてもらうことによって、制作者側では気付かない問題や改善点を発見できるメリットがある。

被験者は5人くらいで行うのが平均的である。(6人以上に増やしても大きな便益はなく5人で約8割分の意見がとれてしまうため)